カートを見る
MIWA
GOAL
オフィス家具の合鍵
その他のメーカー
俺の合鍵ブログ
トラストマーク

安心店舗の証。
トラストマーク。

スマホで開け閉めできる「スマートロック」のメリットとは?

2019-01-24

スマホで開け閉めできる「スマートロック」のメリットとは?

皆さんは「スマートロック」というものをご存知でしょうか? スマートロックとは、ドアの鍵をスマホで遠隔開閉できるという便利なアイテムです。
普通の鍵と異なる特徴を持ち、さまざまなメリットもあるとして、近年多くの人から注目されています。
今回の記事では、スマートロックの特徴やメリット・デメリットなどをご紹介します。

スマートロックの特徴とはどんなもの?

スマートロックは、ドアに取り付けるだけで使用できるセキュリティグッズです。
通常であれば鍵がないとドアの施錠・開錠ができませんが、スマートロックを取り付ければ、登録したスマホアプリを利用するか、スマホを持った人がドアに近づくことで施錠・開錠を行えます。
また、取り付けが簡単で工事も不要なため、賃貸住宅でも安心して使用することができるのも嬉しいポイントです。

スマートロックを使用するメリット・デメリット

メリット

・鍵を「なくす」「忘れる」といったリスクを減らせる
スマートロックを取り付けると、よく使うスマホが鍵として使えるようになります。
小さな鍵とは異なり、スマホであれば鞄の中で見つけやすいので、鍵が見つからなかったり、落としてしまったりといったリスクを減らすことができます。

・自動ロック解除機能で開錠が楽になる
スマートロックの中には、Bluetoothでペアリング済みのスマホを持った人が近づくと、自動で開錠してくれる機能が付いているものもあります。
この機能を使うと鍵穴を探したり鍵を差したりする必要もないため、たくさん荷物を持っているときや子どもを抱っこしているときでも、スムーズにドアを開けることができます。

・オートロック機能があり、施錠忘れ防止になる
スマートロックの中にはオートロック機能を搭載しているものがあります。オートロック機能を利用すればうっかり鍵をかけ忘れても、勝手に施錠してくれるため便利です。

・鍵を「シェア」できる
専用URLを発行するか、スマートロックと連動する専用アプリをダウンロードすることで、家族等自分以外の人と鍵をシェアすることができます。
たとえば祖父母やハウスキーパー、介護士などの家の外から来た人でも、専用URLを使用したりアプリの認証機能を使ったりすることで家に入ることが可能です。
施錠も同様にスマホから行えますし、「誰が、いつ鍵を開けたか(閉めたか)」といった開閉記録も確認することができて安心です。

デメリット

・スマホの電池が切れるとカギを開けられないことがある
スマホで鍵の管理を行うスマートロックは、スマホの電池が切れてしまうと使用できません。
アプリはもちろん、自動開錠やオートロック機能といったものも使用不可となります。
そのような場合は本来の鍵を使えば、家に入ることができます。もしものときのことを考えるなら、鍵も持ち歩いておいたほうが安心です。

・製品によっては少し値が張るものがある
スマートロックの価格帯は1万円~5万円程度と幅が広く、高価なものほど高機能になっていきます。
買って失敗した……と思わないためには、取り付ける目的や、誰と鍵を共有したいのかなどを考慮して選ぶことが大切です。

スマートロックを上手に利用して、賢く防犯対策をしよう

合鍵を作成してはいけない賃貸物件もある

スマートロックは「工事が不要で取り付けが簡単」「鍵の開閉が楽になる」「鍵を簡単にシェアできる」など、取り付けることで多くのメリットがあります。
また、オートロック機能を上手く使えば施錠忘れを防止することができ、家のセキュリティ対策としてもおすすめです。上手に利用してみましょう!

登録カテゴリ