戸締りはしっかりと!平成26年の住宅対象侵入窃盗の発生状況(警視庁データ)

更新: - 公開:

8月に「ピッキング犯罪率」についてお話しましたが、そこで「無施錠」による空き巣の被害が増えている事に触れたと思います。

■警視庁発表による「ピッキング犯罪率」の推移を個人的にまとめました。
https://www.orenoaikagi.jp/blog/?p=279
この「無施錠」というのは、いわゆる鍵を閉め忘れたり閉めていない事です。

せっかく鍵や錠前の防犯性が高くなっても、その鍵を使わないでドロボーに入られてしまっては元も子もありませんよね。

なので今回は、皆様に施錠意識を高めていただく為に、平成26年の住宅対象侵入窃盗の発生状況と題して、昨今の住宅対象侵入窃盗についてお話したいと思います。

■平成26年中の住宅対象侵入窃盗の発生状況:警視庁参考円グラフまず初めに気になったのは、表出入口からの侵入率が一番多い事でした。

この円グラフを見ていただけると「窓」と「出入口」に大きく分けてある事と、一つ一つを見ると「表の出入口」からの侵入が一番多い事に気づきます。

ドロボー・空き巣、というと窓ガラスを割り、そこから侵入してくるイメージが強いですが、こうやって円グラフとして見てみると表から堂々と侵入してくるケースが約3件に1件あるという事になります。

 

g06g07 g08

冒頭にもお伝えしましたが、昨今「無施錠」による空き巣の被害が増えています。
侵入窃盗の侵入手段で鍵を掛け忘れた玄関、窓等から侵入する手口「無締り」が増えているのです。
「まさか我が家にドロボーなんて入らないだろう」と鍵を閉めないで出かけるのだけは、絶対にしないでください。
もし、MIWAの鍵をお持ちで鍵のかけ忘れが不安な方は、こちらの鍵かけ忘れ防止商品「チェッキー」をご注文下さい。※合鍵作成を注文しなくてもチェッキー単品でご注文出来ます。
■俺の合鍵:チェッキーのページ
https://www.orenoaikagi.jp/fs/orenoaikagi/Miwa/MiwaCheckey

MIWAの一部の鍵だけの対応になりますが、鍵のかけ忘れを防止でき、かつ鍵番号も隠せますので、いかがでしょうか。

また、MIWA PRやGOAL V18などの最近の鍵はピッキングなどではたやすく開きませんが、無施錠では意味がありませんので、くれぐれもご注意下さい。

 

—————————————————————————-

■俺の合鍵ブログ

https://www.orenoaikagi.jp/

登録カテゴリ