カートを見る
MIWA
GOAL
オフィス家具の合鍵
その他のメーカー
俺の合鍵ブログ
トラストマーク

安心店舗の証。
トラストマーク。

トステム玄関ドアの鍵が回りづらいはこれが原因!

2016-06-23 トステム・リクシル(lixil)の玄関ドアのトラブルシューティング TOSTEM(=LIXIL)ジエスタの玄関鍵穴の合鍵は俺の合鍵へ 突然のトラブルに緊急対応をしていきましょう。

玄関ドアの鍵が急に回りづらくなった!

トステム・リクシル(lixil)の玄関ドアをお使いのお客様が、いつも通り帰宅して、いつも通りの玄関ドアの合鍵(鍵、スペアキー)でドアを開けようとした時に、鍵穴(シリンダー)が回りづらい、回しても硬い場合は少し調整が必要かもしれません。 原因としては鍵がかかっているか確かめる時にするあれ?が原因です。リクシルの玄関ドアの取っ手を持って、鍵が閉まっているか心配で【ガチャガチャ】と前後に揺らしてませんか? いつもの合鍵(鍵、スペアキー)でいつものように使っていて鍵穴(シリンダー)が固くなった原因は【ガチャガチャ】による「ストライ」部分と「デッドボルト」部分のズレが原因となることが少なくありません。

ご注意ください。

トステム・リクシル(lixil)の玄関ドアは、修理や調整にあたっては手順を間違えてはいけませんので十分にお気をつけください。 また、途中で修理や調整がむずかしくなったり無理が生じた場合には、すぐに作業を中断してトステム・リクシル(lixil)お客さま相談センターへご連絡ください。ドライバーはねじに合ったサイズをお選びください。ネジ山をつぶすと電池の交換ができなくなります。

気になる症状

鍵が回らない・回りにくいの原因の1つがデットボルトがストライクに擦れて起こる原因が考えられます。

トステム・リクシル(lixil)の玄関ドアを開けた状態でチェックしてみましょう。
トステム・リクシル玄関ドアのデッドボルトによるトラブルは調整が必要です。鍵・合鍵作成はネット注文が便利、俺の合鍵。鍵番号はあなたの家のパスワード。

解決方法

ねじを【少しだけ】緩めてストライクの位置を調整します。

解決方法
  1. ストライク取付ねじを【少しだけ】緩め、ストライクAを動かして調整します。室外側に3mm、室内側に1.5mm動くようになっています。
  2. ストライクAで調整しきれない場合は、ストライクA・B(表板+裏板)ごと動かして調整してください。さらに室外側へ2mm動きます。
  3. ※ねじはストライクが動く程度に緩めるだけにしてください。外してしまうと取付けが大変難しくなります。

● トステム・リクシル(lixil)のドアガードロック付きの場合 プラスドライバーで、枠側のねじを室内側から緩め、前後に調整してください。

リクシル・トステムの玄関ドアの調整はバーロック部分の調整が必要かもしれません。合鍵作成は俺の合鍵へ。鍵番号はあなたの家のパスワード。
本日は以上です。
最後まで読んでいただきありがとうございました。